水先人の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

水先人

●船舶が入港するときに船長の補佐役として、その水域を熟知した操船技術と高度な知識で船舶を安全かつ効率的に導く役割を果たす国家資格。
難易度★★ 人気度★ 将来性★★★
水先人受験資格
【1次試験】
総トン数3,000トン以上の船舶に3年以上船長として乗船経験があり、日本国籍を持つ者。
【2次試験】
1次試験合格者で、水先人になろうとする水先区で3ヶ月(内海、関門の水先区では4ヶ月)以上、水先修業生として実務を習得した者。

水先人試験科目
【1次試験】
①身体検査
② 筆記試験
(a)海上衝突予防に関する法規
(b)海上交通安全法とこれに基づく命令
(c)港則法とこれに基づく命令
(d)水先法とこれに基づく命令
(e)操船に関する基本原則および操船法
(f)気象と海象
(g)港勢、水路、その他船舶きょう導上必要な事項
【2次試験】
口述試験
(a)気象・海象に関する事項
(b)水路・水深・距離・浅瀬等の航路障害物・航路標識等の事項
(c)操船
(d)国際通信信号
(e)地方条例・規
(f)第1次試験科目の応用問題
(g)英会話

申込期間
【1次試験】
4~5月(官報に掲載)
【2次試験】
試験日の約半月前まで

試験日
【1次試験】
4~6月の2日間
【2次試験】
11~翌年2月までの間の指定日

試験地
【1次試験】
東京
【2次試験】
各地方運輸局(運輸監理部)

受験料
【身体検査】
3,450円
【1次試験】
10,300円
【2次試験】
12,400円

願書入手方法
最寄の地方運輸局でから入手

申込方法
受験願書に収入印紙(受験料代金)を貼付け、必要書類を添えて1次試験は国土交通省海事局海技資格課水先係へ、2次試験は地方運輸局へ提出。

合格発表
試験日より約2週間後

合格率
80%
(平成17年度)

問合せ先
国土交通省 海事局海技資格水先係
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03-5253-8111
URL:http://www.mlit.go.jp/