労働基準監督官の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 法律・行政の資格 > 労働基準監督官

スポンサードリンク

国家資格

労働基準監督官

●労働者の生命と健康を守り、人間尊重の基本理念に立脚した法定の労働条件を確保することを任務とする国家公務員。労働基準法、安全衛生法などに基づき、工場、事業場などの点検、尋問、機械・器具の構造規格、性能及び安全装置の検査、作業環境の測定などを行う。
難易度★★★★ 人気度★★ 将来性★★★
労働基準監督官受験資格
①受験年の4月1日で、21歳以上29歳未満の者。
②21歳未満で、大学を卒業または卒業見込みの者。または、人事院が①と同等と認定した者。

労働基準監督官試験科目
【労働基準監督A】(法文系)
[第1次試験]
①教養試験
②専門試験:(a)労働法、(b)労働事情(就業構造、労働需給、労働時間・賃金、労使関係)、(c)憲法、(d)行政法、(e)民法、(f)刑法、(g)経済学、(h)労働経済・社会保障、(i)社会学
[第2次試験]
①人物試験、②身体検査、③身体測定
【労働基準監督B】(理工系)
[第1次試験]
①教養試験
②専門試験:(a)労働事情(就業構造、労働需給、労働時間・賃金、労使関係)、(b)工学に関する基礎(工学系に共通な基礎としての数学、物理、化学)
[第2次試験]
①人物試験、②身体検査、③身体測定

申込期間
4月上旬~中旬

試験日
[第1次試験]6月上旬
[第2次試験]7月下旬
試験地
[第1次試験]
札幌市、仙台市、秋田市、東京都、新潟市、名古屋市、金沢市、大阪市、松江市、広島市、高松市、松山市、福岡市、熊本市、鹿児島市、那覇市
[第2次試験]
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市

受験料
無料

願書入手方法
人事院各地地方事務局(所)、各都道府県労働局、各労働基準監督署から入手する。

申込方法
希望する第1次試験地に対応する各地域の申込先へ申込用紙を提出する。

合格発表
[第1次試験]7月上旬
[第2次試験]8月下旬

合格率
【労働基準監督A】3.0%(受験者2,473名、合格者75名)
【労働基準監督B】8.6%(受験者647名、合格者56名)
(平成19年度)

問合せ先
厚生労働省
〒102-8305 千代田区九段南1-2-1 九段第3合同庁舎
TEL:03-3512-1600
URL:http://www.mhlw.go.jp/