法律・行政の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 法律・行政の資格
法律・行政の資格

スポンサードリンク

法律・行政
法律・行政関係の試験合格率、資格取得のメリットなど紹介。
行政書士
会社の設立や飲食店の許認可など、官公庁とのパイプ役として書類手続きをする国家資格。
司法書士
所有権登記、法人登記などを依頼者を代理して手続きする国家資格。
新司法試験
裁判官、検察官、弁護士になる為に必要な知識および、その応用能力を判定する試験。
旧司法試験
裁判官、検察官、弁護士になる者に必要な学識と、その応用能力を判定する国家試験。
弁理士
アイデア商品を特許庁へ代行申請する国家資格。
国家公務員1種
大蔵省、財務省など各省庁の幹部候補として、超エリートコースを歩む。
国家公務員2種
本省庁や地方機関で中堅幹部候補、またはスペシャリスト候補として活躍。
国家公務員3種
高校卒業程度の試験レベルで、10の試験区分がある。
国会議員政策担当秘書
国会議員の政策立案や立法活動を、より専門的に補佐する国家資格。
速記
速記用の簡略記号を使い、人の話や録音テープを反訳して原稿を作成する資格。
通関士
通関手続きに必要な書類の審査をする通関士。
法務教官
少年院や少年鑑別所に勤務し、少年たちに面接、助言、指導を行う国家公務員。
刑務官
刑務所や少年刑務所、拘置所などに勤務し、受刑者の生活指導、職業訓練指導を行う。
国立国会図書館職員
国立国会図書館での資料の収集・整理業務や、国会審議を補佐する調査を行う。
労働基準監督官
労働基準法、安全衛生法などに基づき、工場、事業場などの点検、作業環境の測定などを行う。
国税専門官
適正な課税を維持し、また租税収入を確保するため、税務のスペシャリスト。
入国警備官
我が国を訪れる外国人及び我が国に在留する外国人の管理通じ、日本の安全と国民生活を守る。
衆議院事務局職員(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種、衛視)
衆議院事務局に勤務し、職員は特別職の国家公務員とされる。
参議院事務局職員(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種、衛視)
参議院事務局で、「会議運営部門」、「調査部門」、「総務部門」などに従事する。
裁判所事務官(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)
各地の裁判所に勤務し、総務・人事・会計などの一般事務に従事する国家公務員。
家庭裁判所調査官補Ⅰ種
家庭に関する事件の調査や、犯罪を犯した少年の家庭環境などの調査を行う国家公務員。
防衛省職員(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)
Ⅰ~Ⅲ種の試験があり、合格し採用されると技術研究本部や自衛隊などに勤務する国家公務員。
皇宮護衛官
皇居・御所・御用邸などの警備や、天皇・皇后など皇族の護衛業務につく国家公務員。
防衛大学校学生
将来、各自衛隊の幹部自衛官となる者を4年間の修業期間において養成する制度。
知的財産管理技能検定
「知的財産管理」職種にかかる2008年7月に開始された検定。