語学・教育の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 語学・教育の資格
語学・教育の資格

スポンサードリンク

語学・教育
語学・教育関係の試験合格率、資格取得のメリットなど紹介。
英検(実用英語技能検定)
英語でのコミュニケーション能力の判断基準とされる文部科学省後援の検定試験。
通訳(通訳技能検定)
プロの会議通訳者を目指す人を対象に通訳能力の審査と資格の認定をする民間資格。
TOEFL
アメリカやカナダに留学できる程度の英語力を測る試験。
TOEIC
英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。
中国語検定
年間30,000人以上が受験している民間資格。6段階で判定する。
実用フランス語技能検定(仏検)
フランス語能力を「読む・書く・聞く・話す」という観点から総合的に判定する検定。
ハングル能力検定
2001年より大学入試センター試験にも韓国語が導入されている。
工業英検
上級資格取得者は企業内で技術翻訳や、インストラクターの業務に付く事ができる。
日本漢字能力検定(漢検)
漢字能力検定の資格取得者を入試で優遇する大学・短大も増えている。
日本語教育能力検定試験
日本語教員や、外国人に日本語を教える専門家を目指し学習している人達の検定。
日本語能力試験
国内、国外において日本語を母語としない人が対象の試験。
保育士
児童福祉施設で子供たちの教育を補助する専門職。
JTFほんやく検定
実務の翻訳の現場でどの程度通用するかを判定する検定。
HSK漢語水平考試
中国語を母国語としない中国語学習者のための公認の中国語能力を認定する国家試験。
CASEC
日常生活・学校生活・ビジネス等で必要な英語コミュニケーション能力を測定するテスト。
翻訳技能認定試験
翻訳者として独立、企業内で翻訳スキル活かした仕事をする為の能力を認定する検定試験。
社会教育主事
都道府県や市町村の教育委員会の事務局で従事する専門的職員。
司書・司書補
図書館の図書資料の選択や発注・受入れ・分類・目録作成・貸出業務・案内などを行う職員。
学芸員
博物館に勤務する専門職員で資料収集、保管、展示などの業務を行う。
日本理科学検定
理科学の基礎・基本から、環境、健康、テクノロジーの3つの分野が応用された知識を問う。
校正技能検定
縦組・横組の実技試験と、校正・編集・製作に関する知識や漢字表記について問う学科試験。
計算力・思考力検定
子供達の基礎能力だけでなく、社会人としての計算能力や計数感覚等を向上させることが目的。
日商ビジネス英語検定
英語のビジネス文書の作成や海外取引の実務的な内容について出題される。
硬筆書写検定
毎年9万人近くが受験する文部科学省後援の人気資格。履歴書に生かせる。
毛筆書写検定
文部科学省後援の唯一の毛筆の検定試験。一級取得者は指導者への道も開かれる。
珠算能力検定試験(そろばん検定)
数学的な思考力や集中力、記憶力などを養成するためには「そろばん」が効果的。