毛筆書写検定の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

公的資格

毛筆書写検定

●文部科学省後援の唯一の毛筆の検定試験。一級取得者は指導者への道も開かれる。
難易度★★ 人気度★★★★ 将来性★★★
毛筆書写検定受験資格
制限なし

毛筆書写検定試験科目
【一級】
(実技問題)①漢字4~5字を楷・行・草の三書体で書く、②漢字仮名交じり文約50字を書く、③漢字の臨書、④かなの臨書、⑤自由作品、⑥書式文
(理論問題)⑦常用漢字の字体を旧字体と書写体で書く、⑧草書と古筆を読む、⑨書道用語と書道史、⑩誤字訂正
【準一級】
(実技問題)①漢字4字を楷・行・草の三書体で書く、②俳句を書く、③漢字の臨書、④かなの臨書、⑤はがきの文章、⑥掲示文
(理論問題)⑦草書と古筆を読む、⑧常用漢字の字体を旧字体と書写体で書く、⑨書道用語と書道史、⑩誤字訂正
【二級】
(実技問題)①漢字3字を楷・行書で書く、②漢字仮名交じり文約30字を書く、③漢字の臨書、④かなの臨書、⑤短歌や俳句などを自由な書体で書く、⑥掲示文
(理論問題)⑦旧字体と書写体を常用漢字の字体で書く、⑧草書を熟語で読む・文字の歴史、書道史、⑨筆順、⑩誤字訂正
【三級】
(実技問題)①漢字4字を楷書で書く、②漢字4字を行書で書く、③ひらがな4~6字を書く、④かたかな4~6字を書く、⑤漢字仮名交じり文約20字を書く、⑥掲示文
(理論問題)⑦漢字の部分の名称、⑧筆順、⑨草書を読む、⑩誤字訂正
【四級】
(実技問題)①漢字2字を楷書で書く、②ひらがな2~3字を書く、③かたかな2~3字を書く、④掲示文
(理論問題)⑤筆順、⑥漢字書き取り
【五級】
(実技問題)①漢字1~2字を楷書で書く、②ひらがな2字を書く、③かたかな2字を書く、④漢字仮名交じりの言葉を4字書く
(理論問題)⑤筆順

申込期間
試験日の約10週間前~3週間前まで
※詳しくは下記問合せ先へ確認

試験日
6月中旬
11月下旬
1月下旬

試験地
全国各地

受験料
【一級】5,500円
【準一級】4,500円
【二級】3,500円
【三級】2,500円
【四級】1,500円
【五級】1,200円

願書入手方法
電話、請求フォーム、ハガキのいずれかで下記問合せ先検定協会へ請求する。

申込方法
持参及び郵送にて願書・受験料を提出する。

合格発表
試験日より1ヶ月前後

合格率
【一級】17.0%(受験者904名、合格者154名)
【準一級】30.5%(受験者583名、合格者178名)
【二級】43.5%(受験者4,595名、合格者2,001名)
【三級】72.2%(受験者11,811名、合格者8,523名)
【四級】95.0%(受験者7,012名、合格者6,662名)
【五級】95.7%(受験者2,138名、合格者2,045名)
(平成18年度)

問合せ先
(財)日本書写技能検定協会
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-41-3
TEL:03-3988-3581 FAX:03-3988-3528
URL:http://www.nihon-shosha.or.jp/