建築設備検査資格者の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 不動産・建築の資格 > 建築設備検査資格者

スポンサードリンク

国家資格

建築設備検査資格者

●定期的に建築設備(換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備及び排水設備)の安全確保のための検査を行い、特定行政庁へ報告する。毎年開催される講習を受け、修了考査に合格すると講習修了証明書が交付される。
難易度★★ 人気度★★ 将来性★★★
建築設備検査資格者受講資格
次のいずれかに該当する者が受験できる。
①大学で建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して2年以上の実務の経験を有する者。
②短期大学で建築学、機械工学、電気工学に関する修業年限3年の課程を修めて卒業した後、建築設備に関して3年以上の実務の経験を有する者。
③上記②に該当する者を除き、短期大学又は高等専門学校で、建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して4年以上の実務の経験を有する者。
④高等学校で建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して7年以上の実務の経験を有する者。
⑤建築設備に関して11年以上の実務の経験を有する者。
⑥建築行政(建築設備に関するものに限る。)に関して2年以上の実務の経験を有する者。
⑦建築設備士の資格を有する者。
⑧一級建築士、二級建築士又は建築基準適合判定資格者の資格を有する者。

建築設備検査資格者講習科目
①建築設備定期検査制度総論
②建築設備に関する建築基準法令
③建築学概論
④換気・空気調和設備
⑤排煙設備
⑥電気設備
⑦給排水衛生設備
⑧建築設備の耐震規制・設計指針
⑨建築設備定期検査業務基準
⑩建築設備に関する維持保全
⑪修了考査

申込期間
6月~7月

講習日
10月~11月までの4日間で、各地域により異なる。

受講地
東京、名古屋、大阪(東京は1次、2次の2回開催)

受講料
48,000円(テキスト代含む)

願書入手方法
下記問合せ先センターなどから入手する。

申込方法
受験申込書に必要事項を記入し受験料を添えて提出。または簡易書留で郵送し、受験料を郵便振り込みで支払う。

合格発表
12月下旬

合格者数
876名
(平成18年度)

問合せ先
(財)日本建築設備・昇降機センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-13-5 第一天徳ビル
TEL:03-3591-2422 FAX:03-3591-2008 (設備部)
URL:http://www.beec.or.jp/