建築設備士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

建築設備士

●建築設備の設計に関するプロフェッショナル。建築設備全般の知識と技能を持ち、空調、換気系や電気設備について建築士にアドバイスを行う。評価の高い国家資格である。
難易度★★★ 人気度★★★ 将来性★★★
建築設備士受験資格
次の最終学歴+建築設備に関する実務経験、資格取得+実務経験、実務経験に該当する者は受験できる。ただし、最終学歴は正規の建築、機械、電気又はこれらと同等と認められる類似の課程を修めた者、実務経験は建築設備に関するものに限られる。
①大学+卒業後2年以上
②短期大学、高等専門学校、旧専門学校+卒業後4年以上
③高校+卒業後6年以上
④専修学校+卒業後4年以上
⑤職業能力開発総合大学校又は職業能力開発大学校+卒業後2年以上
⑥職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校又は職業能力開発短期大学校+卒業後4年以上
⑦高等学校を卒業した後、職業能力開発促進法による職業能力開発校、職業能力開発促進センター又は障害者職業能力開発校+修了後6年以上
⑧一級建築士、一級電気工事施工管理技士、一級管工事施工管理技士、空気調和・衛生工学会設備士、第1種又は第2種電気主任技術者、第3種電気主任技術者+2年以上
⑨建築設備に関する実務の経験のみの者9年以上
⑩上記①~⑨と同等以上の知識及び技能を有すると認められる者

建築設備士試験科目
[第一次試験] 学科(五肢択一式)①建築一般知識、②建築法規、③建築設備
[第二次試験] 設計製図(記述と製図)①建築設備基本計画、②建築設備基本設計製図

申込期間
3月上旬~下旬

試験日
[第一次試験] 6月下旬
[第二次試験] 8月下旬

試験地
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

受験料
34,650円

願書入手方法
全国の建築設備士試験受験申込関係書類頒布場所より入手(郵送も可能)する。3月上旬~下旬の期間で、1セット2,100円。

申込方法
所定の申込用紙に必要書類、顔写真を添えて、下記問合せ先へ簡易書留で郵送。

合格発表
[第一次試験] 8月上旬
[第二次試験] 10月下旬

合格率
[第一次試験] 23.2%(受験者2,460名、合格者570名)
[第二次試験] 57.1%(受験者788名、合格者450名)
[総合] 16.7% (受験者2,696名、合格者450名)

問合せ先
(財)建築技術教育普及センター
〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1 TEL:03-5524-3105
URL:http://www.jaeic.or.jp/