建築施工管理技士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 不動産・建築の資格 > 建築施工管理技士

スポンサードリンク

国家資格

建築施工管理技士

●建築一式工事の実施に当たり、施工計画及び施工図の作成や工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術を認定する。
難易度★★★ 人気度★★★ 将来性★★★
建築施工管理技士受験資格
1・2級ともに学歴、実務経験年数、資格などにより異なる。
【1級】
①大学卒業後3年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は4年6ヵ月以上)。
②短大・専門学校卒業後5年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は7年6ヵ月以上)。
③高校卒業後10年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は11年6ヵ月以上)。
④その他15年以上の実務経験を有する者。
⑤2級建築士試験合格者で5年以上の実務経験を有する者など
【2級】
①大学卒業後1年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は1年6ヵ月以上)。
②短大・専門学校卒業後2年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は3年以上)。
③高校卒業後3年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は4年6ヵ月以上)。
④その他8年以上の実務経験を有する者。
※その他細かく指定されているので、ホームページなどでご確認ください。
※その他の受験資格者及び指定学科はホームページなどでご確認ください。

建築施工管理技士試験科目
【1級】
学科試験:①建築学等、②施工管理法、③法規
実地試験:①施工管理法
【2級】
[建築]
学科試験:①建築学等、②施工管理法、③法規
実地試験:①施工管理法
[躯体]
学科試験:①建築学等、②躯体施工管理法、③法規
実地試験:①躯体施工管理法
[仕上げ]
学科試験:①建築学等、②仕上施工管理法、③法規
実地試験:①仕上施工管理法


申込期間
【1級】2月中旬~3月上旬
【2級】6月下旬~7月中旬

試験日
【1級】学科試験:6月上旬、実地試験:10月下旬
【2級】11月中旬

試験地
【1級】札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
【2級】札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄

受験料
【1級】学科試験:9,400円、実地試験:9,400円
【2級】学科・実地試験:9,400円、学科試験のみ:4,700円

願書入手方法
下記問合せ先基金本部、各支部の窓口かインターネット上で入手する。1部600円で、ネット販売は送料が加算される。

申込方法
受験願書に記入し、必要書類と併せて配達記録郵便で郵送する。受験料は郵便振替で支払う。インターネット上での申込みも可能。

合格発表
【1級】学科試験:7月中旬、実地試験:翌年2月上旬
【2級】翌年2月上旬

合格率
【1級】学科試験:約60%、実地試験:約25%
【2級】学科試験:約60%、実地試験:約35%
(平成17年度)

問合せ先
(財)建設業振興基金試験研修本部
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館
TEL:03-5473-1581
URL:http://www.kensetsu-kikin.or.jp/