管工事施工管理技士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 不動産・建築の資格 > 管工事施工管理技士

スポンサードリンク

国家資格

管工事施工管理技士

●冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事などの管工事において、施工計画の作成、日程管理、品質・安全管理等を行う。1級取得者は工事現場ごとに設置が義務付けられている主任技術者・管理技術者になることができる。
難易度★★★ 人気度★★★ 将来性★★★
管工事施工管理技士受験資格
【1級】
①大学卒業後3年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は4年6ヵ月以上)。
②短大・専門学校卒業後5年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は7年6ヵ月以上)。
③高校卒業後10年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は11年6ヵ月以上)。
④その他15年以上の実務経験を有する者。
⑤2級管工事施工管理技術検定合格者で5年以上の実務経験を有する者。
⑥専任の主任技術者の経験が1年以上ある者で、2級合格後の実務経験が3年以上の者。
【2級】
①大学卒業後1年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は1年6ヵ月以上)。
②短大・専門学校卒業後2年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は3年以上)。
③高校卒業後3年以上の実務経験を有する者(指定学科以外は4年6ヵ月以上)。
④その他8年以上の実務経験を有する者。
※指定学科とは土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科。

管工事施工管理技士試験科目
【学科試験】
①機械工学等、②施工管理法、③法規
【実地試験】
①施工管理法

申込期間
【1級・2級】
書面申込:5月上旬~5月下旬
インターネット申込:4月下旬~5月上旬

試験日
【1級学科試験】9月上旬
【1級実地試験】12月上旬
【2級】11月中旬

試験地
【1級】札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
【2級】札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、沖縄

受験料
【1級】学科試験 8,500円、 実地試験 8,500円
【2級】学科・実地試験 8,500円、学科試験のみ 4,250円、実地試験のみ 4,250円

願書入手方法
下記問合せ先の窓口での請求、現金書留による請求、インターネットによる請求ができ、4月下旬から販売され、1部600円。

申込方法
受験申込書を配達記録郵便で郵送する。インターネットによる申込も可能。

合格発表
【1級】学科試験:10月中旬、実地試験:翌年3月上旬
【2級】翌年3月上旬

合格率
【1級】26.7%
【2級】51.8%
(平成17年度学科試験)

問合せ先
(財)全国建設研修センター 管工事試験課
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町ビル
TEL:03-3581-0139
URL:http://www.jctc.jp/