ダム水路主任技術者の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 不動産・建築の資格 > ダム水路主任技術者

スポンサードリンク

国家資格

ダム水路主任技術者

●電気事業法に基づき、水力発電所の水力設備(ダム、導水路、サージタンク及び水圧管路等)の工事、維持・運用に関する保安の監督を行う。安全の確保及び電力の安定供給を図るのが目的。
難易度★ 人気度★★ 将来性★★
ダム水路主任技術者受験資格
学歴、実務経験の条件を満たし、申請で取得できます。
【1種】
①大学で土木工学に関する学科を修めて卒業し、高さ15m以上のダム(発電用のものに限る。)の工事、維持又は運用に関する経験3年以上を含む5年以上の者。
②大学を卒業し、高さ15m以上のダム(発電用のものに限る。)の工事、維持又は運用に関する経験3年以上を含む9年以上の者。
③短期大学若しくは高等専門学校で土木工学に関する学科を修めて卒業し、高さ15m以上のダム(発電用のものに限る。)の工事、維持又は運用に関する経験4年以上を含む6年以上の者。
④短期大学若しくは高等専門学校を卒業し、高さ15m以上のダム(発電用のものに限る。)の工事、維持又は運用に関する経験4年以上を含む10年以上の者。
⑤高等学校で土木工学に関する学科を修めて卒業し、高さ15m以上のダム(発電用のものに限る。)の工事、維持又は運用に関する経験5年以上を含む10年以上の者。
⑥高等学校を卒業し、高さ15m以上のダム(発電用のものに限る。)の工事、維持又は運用に関する経験5年以上を含む14年以上の者。
⑦中学校を卒業し、高さ15m以上のダム(発電用のものに限る。)の工事、維持又は運用に関する経験10年以上を含む20年以上の者。
【2種】
①大学、短期大学、高等専門学校で土木工学に関する学科を修めて卒業し、3年以上の実務経験を有する者。
②大学、短期大学、高等専門学校を卒業し、5年以上(3年以上の水力設備に係る経験を含むものに限る)の実務経験を有する者。
③高校で土木工学に関する学科を修めて卒業し、5年以上(3年以上の水力設備に係る経験を含むものに限る)の実務経験を有する者。
④高校を卒業し、7年以上(3年以上の水力設備に係る経験を含むものに限る)の実務経験を有する者。
⑤中学を卒業し、12年以上(8年以上の水力設備に係る経験を含むものに限る)の実務経験を有する者。

ダム水路主任技術者試験科目
-

申込期間
なし

申請日
なし

申請地
最寄りの経済産業局発電課

申請料
6,600円

願書入手方法
-

申請方法
主任技術者免状交付申請書、卒業証明書、実務経験証明書、高さ15m以上の発電用ダムの工事、維持又は運用の実、務内容についての具体的な説明書、戸籍抄本又は住民票の写し修得学科目証明書を提出する。

合格発表
-

合格率
-

問合せ先
各地の産業保安監督部
または、経済産業省
〒100-8986 東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-1511
URL:http://www.meti.go.jp/