気象予報士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

気象予報士

●気象業務法の改正により民間でも局地的な予報に限り、気象予報が可能となり、平成6年から開始された国家試験。合格率が低く、難易度が高いため資格取得者の評価は絶大。
難易度★★★★★ 人気度★★★ 将来性★★★★
気象予報士受験資格
制限なし

気象予報士試験科目
[学科試験]
①予報業務に関する一般知識(多肢択一式、1時間):(1)大気の構造、(2)大気の熱力学、(3)降水過程、(4)大気における放射、(5)大気の力学、(6)気象現象(7)気候の変動、(8)気象業務法その他の気象業務に関する法規
②予報業務に関する専門知識(多肢択一式、1時間):(1)観測の成果の利用、(2)数値予報、(3)短期予報・中期予報、(4)局地予報、(5)短時間予報、(6)気象災害、(7)予想の精度の評価、(8)気象の予想の応用、(9)長期予報
[実技試験](記述式2時間30分)
①気象概況及び、その変動の把握
②局地的な気象の予想
③台風等緊急時における対応

申込期間
6月中旬~7月上旬
11月中旬~12月上旬

試験日
8月下旬
1月下旬

試験地
北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県

受験料
11,400円

願書入手方法
下記問合せ先支援センターより入手する。要確認。

申込方法
受験料を郵便振替もしくは銀行振り込みにて払込む。送金証明書を受験申請書に貼付け、必要書類と併せて配達記録郵便で郵送する。

合格発表
10月上旬と3月上旬。受験者全員へ合否を通知。ホームページ等でも掲示される。

合格率
第24回:4.1%(受験者4,804名、合格者198名)
第25回:4.7%(受験者4,781名、合格者223名)
(平成17年度)

問合せ先
(財)気象業務支援センター 試験部
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-17 東ネンビル
TEL:03-5281-0440(代表)、03-5281-3664(試験部専用)
URL:http://www.jmbsc.or.jp/