日商マスターの資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

公的資格

日商マスター

●情報通信技術に関して幅広い知識を有し、新しい情報ツールの活用に豊富な経験を持つ指導者を育成・認定するための検定。
難易度★★★★ 人気度★ 将来性★★★★
日商マスター受験資格
次のいずれかの試験に合格した者
①日商PC検定(文書作成)2級以上
②日商PC検定(データ活用)2級以上
③EC実践能力検定2級以上
④電子会計実務検定中級以上
⑤日商簿記検定2級以上の合格者で、かつ日商PC検定3級
⑥販売士検定2級以上の合格者で、かつ日商PC検定3級
⑦日本語文書処理技能検定2級以上
⑧ビジネスコンピューティング検定2級以上
⑨日商簿記検定2級以上の合格で、かつ日本語文書処理技能検定3級もしくはビジネスコンピューティング検定3級
⑩販売士検定2級以上の合格で、かつ日本語処理技能検定3級もしくはビジネスコンピューティング検定3級

日商マスター試験科目
認定試験を受けるには以下の研修が必要。研修終了後1年以内にネット試験で知識試験を受験する。
【eラーニング】
・第1段階
<教育技法>
①指導者の基本姿勢
②指導方法の種類
③教育プランの作成方法
④質疑応答の方法
⑤視聴覚教具の使用方法
⑥適切な表現方法
⑦効果的なプレゼンテーション方法
<eラーニング指導法>
①eラーニングの基礎知識
②eラーニングと学習支援者
③双方向コミュニケーション理論
④学習者を知る
⑤学習スケジュールの組立て方
⑥eラーニングにおける法令遵守
⑦ガイドラインに従った学習支援
・第2段階
<教育技法>
①指導者の役割
②指導における留意点
<eラーニング指導法>
①メンタガイドの作成法
②eラーニングコンテンツ作成
③ドロップアウト防止対策
④オンラインカウンセリング技法
⑤コース評価のデータ分析
【集合研修】
・第1段階
①教育技法
②eラーニング指導法
③キャリア形成支援
④中小企業のIT化支援
・第2段階
①教育技法
②eラーニング指導法
③中小企業のIT化支援
④キャリア形成支援
⑤最新の企業活動の課題

申込期間
下記問合せ先に確認

試験日
指導研修会:年2回 レポート提出及び面接:年3回 ※詳しくは下記問合せ先に確認

試験地
全国各地

受験料
eラーニング指導法:5,000円(各段階)
集合研修:30,000円(各段階)
知識試験:5,000円
レポート提出及び面接:10,000円

申込方法
下記問合せ先に確認

合格発表
下記問合せ先に確認

合格率
-

問合せ先
受験希望地の商工会議所
検定情報ダイヤル:03-5777-8600
URL:http://www.kentei.ne.jp/

その他のコンピューター・インターネット関連の資格