情報活用試験-J検の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

公的資格

情報活用試験-J検

●情報利活用能力を総合的に評価する試験で、3級/J検 情報活用基礎」「2級」「1級」の3つがある。パソコン初心者から、社会人に至るまで、情報活用のガイドラインとしての基準を設けている。
難易度★★★ 人気度★★★★ 将来性★★★
情報活用試験受験資格
制限なし

情報活用試験科目
【1級】
[情報と情報の利用]
①データと情報、②情報の表現方法、③情報の活用、情報処理の手順、④情報の収集と発信、⑤情報の管理
[パソコンを利用したシステム]
①パソコンシステムとその環境、②オペレーティングシステム、③ファイルシステム、④パソコン関連機器とインタフェース
[ネットワークの利用]
①情報通信ネットワークの概要、②インターネットを利用するために必要な機器とソフトウェア、③モバイルコンピューティング、④ネットワーク上のパソコンの管理
[情報ネットワーク社会への対応]
①情報ネットワーク社会に関する用語・知識、②社会におけるコンピュータの利用、③知的財産権
[情報セキュリティ]
①ネットワークセキュリティ、②コンピュータセキュリティ

【2級】
[情報の基礎]
①データと情報、②コンピュータにおける情報の表現、③問題を改善するための方法、④基礎的なモデル化の方法、⑤情報を処理するための基礎的な手順
[パソコンの基礎]
①コンピュータの種類、および動作原理、②周辺機器の種類と役割、③ファイルシステムの基礎知識、④パソコンの利用環境、および環境設定
[インターネットの基礎]
①インターネットの利用形態、②インターネットの基礎的な仕組み、③インターネットの接続 、④Webブラウザや電子メールソフトの基礎的な活用
[アプリケーションソフトの利用と活用]
①表計算ソフトの基礎的な活用、②プレゼンテーションソフトの基礎的な活用
[情報社会とコンピュータ]
①情報社会におけるコンピュータの利用形態、②情報社会における技術動向や問題点などの基礎的用語
[情報モラル]
①情報モラル、②ネットワークセキュリティに関する基礎的な知識

【3級/J検 情報活用基礎】
[パソコンの基礎]
①情報の理解と、情報や手段の適切な選択、②情報の収集・伝達の在り方とパソコンの利用、③問題解決の方法、④パソコンの代表的な装置と媒体、およびOSの主な役割、⑤データ保存の形式とファイルの管理の仕組み
[インターネットの基礎]
①インターネットの特徴とプロバイダの役割、②インターネットを利用するための環境、③Webブラウザ、電子メールの主な機能
[アプリケーションソフトの利用と活用]
①パソコンや情報機器の取り扱い、基本操作、②アプリケーションソフトごとの基本的な利用
[情報社会とコンピュータ]
①身近なコンピュータシステムの役割、②高度情報化の進展における問題点
[情報モラル]
①情報モラル、②ネチケットに関する基礎的な知識

申込期間
前期:4月上旬~5月中旬
後期:9月上旬~10月下旬

試験日
前期:6月中旬
後期:12月中旬

試験地
全国各地の試験会場で実施

受験料
1級:4,000円
2級:3,500円
3級:1,500円

願書入手方法
インターネット上から「受験案内・願書」の請求を行う。郵送を希望の際は、下記問合せ先へ140円切手とメモを封筒に入れ郵送する。

申込方法
インターネットの申込フォームより申込み、受験料はクレジットカード支払いか、支払伝票でコンビニ支払いをする。郵送での出願は、所定の願書に必要事項を記入し、下記問合せ先へ郵送する。

合格発表
試験実施日の翌月下旬

合格基準
1級:65/100
2級:65/100
3級:70/100

合格率
1級:46.1%(受験者2,544名、合格者1,173名)
2級:80.4%(受験者5,988名、合格者4,812名)
3級/J検 情報活用基礎:89.2%(受験者2,181名、合格者1,945名)
合計:(受験者10,713名、合格者7,930名)
(平成19年6月)

問合せ先
(財)専修学校教育振興会 検定試験センタ- J検係
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-9
TEL:03-5275-6336 FAX:03-5275-6969
URL:http://jken.sgec.or.jp/

その他のコンピューター・インターネット関連の資格