インターネット実務検定の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

民間資格

インターネット実務検定

●仕事や実生活で役立つインターネットの知識から、ネットワーク、サーバー、セキュリティの管理をこなす上級者にまで対応している資格。社内業務で活用するビジネスマンやキャリアアップを図る転職希望者に有利な資格である。
難易度★★★ 人気度★★★ 将来性★★★
インターネット実務検定受験資格
制限なし。ただし、1級受験は「2級取得」が条件となる。

インターネット実務検定出題範囲
【1級】(60分、四択問題40問)
①Windows2000ネットワーク、②UNIX基礎、③イントラネット・サーバー管理基礎、④Webサーバーの基礎知識、⑤セキュリティの基礎、⑥データベース、⑦CGIとJAVA、⑧XMLとスタイルシート、⑨イントラネットシステムの構築実務
【2級】(60分、四択問題42問)
①ネットワークとは何か、②インターネットの歴史と仕組み、③WWWとその関連要素、④E-Mailとその関連要素、⑤ブロードバンドとモバイル、⑥セキュリティ、⑦インターネットの新しいサービス、⑧インターネット関連法規、⑨ネットで使われる英語
【3級】(60分、四択問題45問)
①コンピュータの基礎、②ネットワークの基礎、③インターネットの基礎、④インターネットメールの基礎、⑤WWWとブラウザの基礎、⑥Webサイトの基礎、⑦情報検索の基礎、⑧ネチケットとセキュリティー、⑨電子商取引
※1級は2次試験で論文問題がある。

申込期間
各級毎月10日まで。

試験日
毎月20日~月末

試験地
世界中どこからでも、試験開始日の10:00~最終日の23:00までいつでも可能。

受験料
【1級】一般10,000円、学生・障害者8,000円
【2級】一般8,000円、学生・障害者6,000円
【3級】一般6,000円、学生・障害者4,000円

申込方法
インターネット上でのオンライン申込みか、全国の取扱書店にて申込み。

合格発表
解答終了後、もしくは制限時間経過後すぐに画面上で確認できる。
ただし、1級は2次試験がある。
合格者には後日、協会より合格通知書が郵送され、認定証の希望者は合格確定後WEB上から申し込む。
試験終了後、協会サイト上の「試験結果」から「総合評価」 「カテゴリー別正解度」など詳細な結果が閲覧できる。

合格率
【1級】28.5%、【2級】53.3%、【3級】89.2%
(第54回試験、2007年1月実施)

問合せ先
NPO法人インターネットスキル認定普及協会
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-15-3プリメーラ道玄坂307
TEL:03-5728-2921 FAX:03-5728-2922
URL:http://www.acpi.gr.jp/

その他のコンピューター・インターネット関連の資格