税理士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

税理士

●会社や個人から依頼を受け、所得税、法人税、事業税、相続税、固定資産税などの税金業務を代行したり、税務書類の作成や税務相談を受ける税務のスペシャリスト。
難易度★★★★ 人気度★★★★ 将来性★★★★
税理士受験資格
次のいずれかに該当すれば受験できる。
①会計士補(会計士補となる資格を有する者を含む)。
②税務官公署での実務、またはその他の官公署で国税(関税、とん税、特別とん税を除く)、地方税に関する事務に従事した期間が通算3年以上になる者。
③行政機関での会計検査、または法人の会計事務について法令の規定に基づいて行う検査事務に従事した期間が3年以上になる者。
④銀行、信託会社、保険会社などで、貸付その他資金運用の事務に従事した期間が3年以上になる者。
⑤法人や個人事業の会計事務に従事した期間が、通算3年以上になる者。
⑥税理士、弁護士、公認会計士などの補助事務に従事した期間が3年以上になる者、他。

税理士試験科目
①簿記論、②財務諸表論、③消費税法または酒税法、④法人税法、⑤相続税法、⑥所得税法、⑦固定資産税、⑧国税徴収税、⑨住民税または事業税
※5科目受験のうち、①②は必須。税法は3科目以内だが、④⑥のどちらかは必須。

申込期間
5月下旬~6月上旬

試験日
8月上旬の3日間

試験地
札幌、仙台、東京、草加、川越、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、大宰府、熊本、那覇

受験料
1科目:3,500円 2科目:4,500円 3科目:5,500円 4科目:6,500円 5科目:7,500円

願書入手方法
全国の各国税局(沖縄は国税事務所)から入手する。郵便で請求する際は、封筒の表に「税理士請求」と朱書し、返信用封筒(角形2号、140円切手、宛先明記)を同封。

申込方法
願書に必要書類を添えて、封筒の表に「税理士受験」と朱書し、希望する受験地を管轄する国税局(事務所)へ提出。郵送の場合は書留、簡易書留、配達記録郵便のいずれかで郵送する。

合格発表
12月上旬に官報及びホームページにて発表。

合格率
17.3%

問合せ先
各国税局、沖縄国税事務所
URL:http://www.nta.go.jp/

税理士の資格を取るならオススメ