中小企業診断士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

中小企業診断士

●中小企業の経営に関する診断・助言を行う国家資格で、我が国唯一のマネジメント・コンサルタント。資格を取得するには、試験に合格するか中小企業総合事業団中小企業大学校東京校の養成課程を修了する方法の2通りがある。
難易度★★★ 人気度★★★ 将来性★★★★
中小企業診断士受験資格
[1次試験]年齢、学歴、性別に制限無し。
[2次試験]1次試験合格者、または1次試験免除対象者
※1次試験合格者の有効期限は合格年度とその翌年度の2年間。旧制度での1次試験合格者が今後受験できるのは1回限り。

中小企業診断士試験科目
[1次試験]マークシート方式による多肢選択法式
1日目→①経済学・経済政策、②企業経営理論、③運営管理(オペレーション・マネジメント)
2日目→①経営法務、②新規事業開発、③経営情報システム、④中小企業経営・中小企業政策
[2次試験]筆記試験→中小企業の診断及び助言に関する実務の事例。口述試験→中小企業の診断及び助言に関する能力について、筆記試験の事例などをもとに、個人ごとに面接の方法で行う(役10分)。
※筆記試験で相当の成績を修めた者が口述試験が受けられる。

申込期間
[1次試験]5月下旬~6月上旬
[2次試験]9月上旬~中旬

試験日
[1次試験]8月上旬2日間
[2次試験]筆記試験→10月下旬 口述試験→12月中旬

試験地
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡(1次、2次とも)

受験料
[1次試験]14,400円
[2次試験]17,900円

願書入手方法
受験地区の中小企業診断協会支部から入手する。郵便で請求する際は、返信用封筒(角形2号、140円切手貼付、宛先明記)を同封。

申込方法
受験料を所定の「郵便振替払込用紙」で郵便局から払い込み、返信用封筒を同封し、受験提出書類を、受験地区の受付場所・試験係へ提出する。写真が2枚必要。

合格発表
[1次試験]9月上旬
[2次試験]12月下旬

合格率
[1次試験]22.2%
[2次試験]19.6%

問合せ先
最寄の(社)中小企業診断協会支部または、(社)中小企業診断協会
〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル5F
TEL:03-3563-0851 FAX:03-3567-5927
URL:http://www.j-smeca.or.jp/

中小企業診断士の資格を取るならオススメ