家畜人工授精師の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 動物の資格 > 家畜人工授精師

スポンサードリンク

国家資格

家畜人工授精師

●家畜の人工授精または受精卵移植を行う専門家で、農林水産省認定の国家資格である。獣医師は無条件で業務を行う事ができる。
難易度★ 人気度★ 将来性★★★
家畜人工授精師受講資格
制限なし

家畜人工授精師免許取得
農林水産大臣の指定する者、または都道府県が開催する家畜別の次の①~③の講習会を受講する者
①家畜人工授精に関する講習会
②家畜人工授精および家畜体内受精卵移植に関する講習会
③家畜人工授精ならびに家畜体内受精卵移植および家畜体外受精卵移植に関する講習会
※上記の課程を修了して修業試験に合格し、都道府県に申請する
※合格した試験に関わる業務と家畜の種類において業務を行う事ができる。

講習科目
①、(a)学科66時間(畜産概論、家畜の栄養、家畜の飼育管理、家畜の育種、関係法規、生殖器解剖、繁殖生理、精子生理、種付けの理論、人工授精)、(b)実習74時間(家畜の飼養管理、家畜の審査、生殖器解剖、発情鑑定、精液精子検査法、人工授精)
②、(a)学科114時間(①の学科および、体内受精卵移植概論、受精卵の生理および形態、体内受精卵の処理、受精卵の移植)、(b)実習150時間(①の実習および、体内受精卵の処理、受精卵の移植)
③、(a)学科121時間(②の学科および体外受精卵移植概論、体外受精卵の生産)、(b)実習171時間(②の実習および体外受精卵の生産)

申込期間
都道府県により異なる

講習期間
都道府県により異なる

講習地
都道府県により異なる

受講料
都道府県により異なる

願書入手方法
各都道府県の畜産課または家畜保健衛生所より入手する。

申込方法
申込用紙に必要事項を記入し、下記問合せ先の担当窓口へ提出。

合格率
約99.0%

問合せ先
各都道府県の畜産課または、家畜保健衛生所